パートナーシップ企業 事例紹介

導入企業様の声

160523_株式会社HONKI_株式会社尾賀亀_034
若手社員の意識改革が確実に進み、
新たな店長も育成できました。
株式会社尾賀亀様
専務取締役 尾賀 健太朗様

1856年、近江八幡にて油脂を販売する商店「扇屋」を創業。1953年には石油販売業と食品卸売業を開始し、同年に株式会社尾賀亀商店を設立。1962年にはニュー近江八幡SSを皮切りにガソリンスタンド事業を始め、1986年には現在の株式会社尾賀亀へと商号変更しました。現在は滋賀県下15カ所のサービスステーションを拠点としたトータルカーサ-ビス事業、工場などへの燃油・潤滑油の卸販売、製菓業界向けの砂糖・小麦粉の販売など、法人向けを主軸にした総合商社として事業を行っています。

営業担当の箱島さんの提案に魅力を感じ、「この人に任せてみたい」と依頼しました。

――そもそもHONKIさんと出会ったきっかけは?
地域の就活サイトに無料で掲載してみませんか?というお誘いを受けたのがきっかけでした。その後、社内で社員研修をする話が盛り上がり、当初は別の会社を検討していたのですが、HONKIの箱島さんから「当社からもぜひ提案させて欲しい」と言われ、その提案内容に魅力を感じてご依頼することを決めました。

――HONKIさんを選ばれた決め手は何ですか?
やはり営業の箱島さんがとても熱心だったことですね。積極的に提案してくれましたし、この人なら任せても安心だなと感じたのが一番の決め手です。

――その当時はどのような課題をお持ちでいらっしゃいましたか?
私が専務として入社して5年が経ちましたが、入社当時の社員は年齢の離れたベテランばかりでした。ただ、その後は徐々に若手社員が増え、今ではかなりの人数になっているのですが、彼らをきちんと体系立てて研修をしていく仕組みが整っておらず、意識にばらつきがあると感じていました。そこでHONKIの箱島さんにご依頼し、20~30代の社員と一部の契約社員を対象に、月1回開催の「本亀塾」という研修を2015年2月からスタートさせました。

160523_株式会社HONKI_株式会社尾賀亀_015

きちんと計画を立てて行動する習慣が身につき、営業面でも良い効果が出始めています。

――「本亀塾」とは具体的にどんな研修ですか?
「若手の意識改革」に主眼を置いた研修です。「目標を達成するにはどうすればいいのか」など、仕事を進めていく上で前提となるような基礎的なプロセスを教えてもらいました。私も箱島さんも、共通認識として年間を通じて継続的に研修をしなければ結果は出ないと思っていましたから、まずは年間のアウトラインを決め、その後はメンバーの状況を見ながら、プログラムを調整して進めていきました。最初から内容を固めてしまうのではなく、臨機応変に見直しながら進めていけたのが、結果的に非常に良かったと感じています。

160523_株式会社HONKI_株式会社尾賀亀_036

新設された社内研修ルーム

――最近では「所長育成塾」も実施されたそうですが、こちらはいかがでしたか?
本亀塾はあくまで組織の底上げに主眼が置かれていたため、元々仕事に対する意識が高い社員にとっては、多少物足りなさを感じる面がありました。そこで企画したのが「所長育成塾」です。この研修では、当社のトータルカーサービス事業部の中で、本気で所長を目指したいという7名を集めて実施しました。

――研修の手応えはいかがですか?
少人数かつ目的も共通しているため、非常にまとまりのある密度の濃い研修ができたと手応えを感じています。3カ月間で6回の研修を行いましたが、「本当にお店を任せる」という明確なゴールを設定したことで、参加者のモチベーションも終始切れることなく、とても意識が高かった印象です。最終的に参加者のうち2名を昇格させ、1名は店舗を任せることを決めました。

参加者は全員、所長になりたいという意識が強く、いささか自信過剰な面もあったのですが、研修を通じて現在の実力を正確に把握できたという人が多く、昇格しなかった社員についても自分を見つめ直す絶好の機会となったようです。

160523_株式会社HONKI_株式会社尾賀亀_002

――実際に研修を受けた方の変化はいかがですか?
当社の職場はそれぞれ距離が離れているため、仲がいいと思っていた社員同士でも、意外とコミュニケーションが取れていなかったり、連携がスムーズにできていない部分がありました。月1回の研修を行うことで、社員同士が自然と仲良くなれたのがまずは大きな収穫でした。

また、当社はどちらかと言えば体育会系というか、頭を使うよりも体を動かすのが得意な社員が多く、きちんと計画を立てるのが苦手です。ただ、研修後は、目標を達成するために何をすれば良いのかを考える習慣が身に付き、毎月の行動計画を立ててから着実に仕事を進めていける社員が多くなりました。法人営業の社員については、訪問件数が増加したり、既存のお客様だけでなく新規のお客様にもしっかり訪問できるようになるなど、早速変化が表われ始めています。社員一人ひとりの意識改革は間違いなく進んでいますね。

今後も教育全般を幅広くご支援いただき、きめ細かなフォローを継続してもらいたいです。

――今後のHONKIさんに期待することは何ですか?
現在、HONKIさんに教育全般についてご支援をお願いしている状況で、箱島さんには社員全員の名前や性格を把握していただいています。今後も細かなフォローを継続的にしていただきたいですね。特に、若手向けの研修についてはとても大きな成果が上がっていますので、これからも引き続きお願いしていきたいです。また、8月以降は管理職以上を対象にした研修もご依頼していますので、ぜひ実りの多い研修にしてもらいたいですね。

160523_株式会社HONKI_株式会社尾賀亀_027

株式会社尾賀亀商店設立時の看板

160523_株式会社HONKI_株式会社尾賀亀_039

事例内容から探す
採用支援事業
組織開発事業
地域から探す
京都府
滋賀県