パートナーシップ企業 事例紹介

導入企業様の声

shimon_055
HONKIさんの研修のおかげで
1年間で生徒数が300名増えました
株式会社東海プロセスサービス(志門塾)様
代表取締役 川瀬 憲司様

【事業紹介】
1983年7月に学習塾を開始し、1987年4月には株式会社東海プロセスサービスを設立。岐阜県・滋賀県の各地に小・中・高校生向けの学習塾「志門塾」を運営しています。また、川瀬社長が自らの手で立ち上げた個別指導を軸とする「HOMES個別指導学院」のほか、集団授業の「峰学館」、「英会話スクールハローズ」も展開。社員数はグループ全体で250名(2014年12月現在)。生徒数は約8000人を抱え、今期の売上は31億円。少子化が進む逆風の中、着実に成長を続けています。

とにかく明るく元気な石川社長の姿を見て、「これは本物だ」と確信しました。

――そもそもHONKIさんと出会ったきっかけは?

松下幸之助塾という経営塾で石川社長と出会いました。私は初対面の方と人間関係を築くのが苦手で、経営塾というのが全く性に合わない。その時もできれば行きたくないと思っていました。会長から打診されたものの、最初は「もったいないから行きません」と言い続けていたのですが、説得に負けて参加することになりました。そして出会ったのが石川社長だったのです。

――石川社長の第一印象はいかがでしたか?

経営塾に参加してみると、「HONKIの石川です!」とものすごい元気よく挨拶している人がいました。これは、本物かアホかどっちかやなと(笑)。でも、最初だけだと思って見ていると、夜の飲み会の席までとにかく元気で、ケラケラ笑っている。その後も挨拶のメールを送ったりしていました。おそらく自分が一番大変だと思いますけど、その姿勢をいつも崩さないからすごいと。全然違う。ホンモノでした。それで石川社長にお仕事をお願いしようと決めました。

――HONKIさんにご依頼される上で、決め手になったものは何ですか?

私はどんな仕組みがあるかよりも、どんな人が関わってくれるかが大事だと思っています。HONKIの西野さんも頑張ってくれていますが、何でもズバズバ聞いて来る。飯を食べながらでもどんどん突っ込んできますから。HONKIさんは良い人を揃えていると思いますし、私にとっては家族みたいな存在。だからHONKIさんの社員はみんな好きですね。

shimon_001

 

校舎長向けの研修が刺激になり、8割近くの教室が前年実績を上回りました。

――具体的にはどんなことをHONKIさんにお願いしていますか?

幹部候補研修や新入社員の採用支援などをお願いしています。ちなみに2015年は、1年間にわたって校舎長向けの研修を担当してもらいました。HONKIさんとお付き合いを始めた1年目は、私の仲間を作るという意味で、社員とうまく気持ちを共有できた。HONKIさんの支援によって社員との壁が取れたおかげです。とても助かりました。校舎長向けの研修については、志門塾の実績に社員があぐらをかいていると感じたため、サービス業の原点を思い返し、変なプライドを捨ててもらうためにと、HONKIさんに研修をお願いしました。

――校舎長向けの研修ではどんなことに取り組んだのですか?

校舎長を集めてまずは「私の前で授業をやってみなさい」と告げました。どのくらい授業ができるのかを試したのです。そして、研修の場にはHONKIの社員さんにも同席してもらい、忌憚のない意見を出してもらいました。もちろんHONKIさんは教育の専門家ではありません。ところが、専門外でありながら思ったことをズバッと言ってくれました。HONKIさんの良さは、何事も一緒に相談しながら決めていけるところ。仕事だけのお付き合いでは、こんなにうまくはいかないと思います。HONKIの社員さんはみんな臨機応変に対応してくれるので、研修も楽しくなりましたね。

――HONKIさんにご依頼された成果はいかがですか?

実は、HONKIさんとご契約をさせていただく際、成果報酬にしようという話をしました。そして現在では、研修に参加した校舎長の教室の7~8割が、前年対比を上回りました。塾業界全体が停滞している最近の状況からすると、これは素晴らしい数字です。生徒が300名ほど増え、志門塾単体で過去最高の売上、生徒数を記録しました。

shimon_020

志門塾の教え子たちが入社して活躍してくれる。そんな流れをぜひ作って欲しい。

――これからのHONKIさんに期待することは?

今は当社の方が規模が大きいかもしれませんが、HONKIさんは当社のさらに上をいく存在になれると確信しています。特に石川社長の人脈は尋常ではありません。すでに数千人もの人脈を築いていて、常に人と人とを繋げることを考えている。ぜひ日本を代表する社長になって欲しいと応援しています。

当社については、私たちの教え子が当社に就職してくれるような流れをぜひ作って欲しいです。私が現役で講師をしていた頃は、教え子にアルバイトをしてもらい、そのまま就職先にも選んでもらうことが多かった。現在は私が教えているわけではないですから、こういったことがなかなかできません。

せっかくの優秀な教え子たちに、当社の戦力となってもらい、大いに活躍してもらう。そんな仕組みをHONKIさんに作ってもらいたいと思います。

 

事例内容から探す
採用支援事業
組織開発事業
地域から探す
京都府
滋賀県