Honki

部下を支援するリーダー研修

研修のねらい

社会が激しく変わり、不確実性が高まる市場環境の中では、組織で求められるリーダーシップのあり方も大きく変化しています。
トレンドとしては、現場に多大な影響をもたらすカリスマ的なリーダーシップから、現場での細かい変化へ個々のメンバーが対応することをバックアップする支援型のリーダーシップへと移行してきています。
本研修では、現場での変化に即応できるよう、部下を後方支援するマインドや姿勢を整え、理想のリーダーシップを検討し、職場での実践に繋げます。

ポイント

POINT1
不確実性が高まる現場で求められるリーダーシップのあり方を考えます。
POINT2
フォロワーシップと対比しながら、部下の立場に立ったリーダーシップを学びます。
POINT3
リーダーシップにかかる理論的な背景もふまえた、職場での実践方法を検討します。

情報

  • 合計時間 : 4時間
  • チームを牽引したい中堅社員 部下との信頼関係を強化したい管理職
  • 1社 5~20名
  • 弊社研修室 お客様の会議室等

タイムテーブル

時間 科目 内容
13:00 - 14:00 リーダーシップ概論 ・リーダーシップ論の変遷
・今の市場環境に求められるリーダーシップ
14:00 - 16:00 リーダーシップとフォロワーシップ ・自分のリーダーシップの傾向分析
・部下の立場、目線を理解するワークショップ
16:00 - 17:00 目標設定 目指したいリーダーシップとアクションプランの作成

講師紹介

久保田 暁(くぼた さとる)

1968年生まれ、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科卒業(国際関係論修士)損害保険会社の営業を経て、大阪府堺市議会議員を2期つとめる。その後、経営コンサルティング会社でベンチャーキャピタル、M&Aに従事。大手流通、メーカーのM&A仲介を担当。退職後、2013年より研修事業に参画。人と会社と地域の成長を視野に入れ「中小企業で働く人を奮い立たせること」を信条に新人から経営陣まで幅広い層で研修を展開