企業の未来を考える会社です。

News

赤ペン先生

見ての通りですが、こちらは、部下が作成した報告書を上司が添削している様子です。

その様子が本当に赤ペン先生で、すごく懐かしく感じました。案の定、部下が作成した報告書には、添削箇所はたくさんあり、真っ赤。少し凹み気味…

ですが、上司の想いとしては「自分が若いときもこうやって当時の上司に、自分の書いた文章と向き合ってもらった。そんな過去があるから、今がある。だから、自分も部下とこうやって向き合いたい。」と。

さらに「厳しめに指導しているが、自分にこのような背景があったからこそ。愛の鞭として受け取ってね。」とも。

そんな背景を伺うと、弊社は、愛情のある上司に恵まれているなと感じます。よって、若手は、期待を裏切らないよう、日々勉強し、精進して行きます!

これからも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


関連する記事